駄文

2008年2月 9日 (土)

ちょこっとアニメ感想含む

メジャー面白いよメジャー!!
ジュニアがね、ジュニアの声が浪川だったんだ
見ようぜ、よっちんb++(勧誘





懲りずにひろたんとこのお題をやってみたりー…



文芸部的に、練習とか…
と思ってやってみたけど、やっぱり文才は皆無だぜ☆



そんな訳で、『一行小説で5のお題』より『02.自分はもう、台所へは入れません。』







僕はもう、台所へは入れません。

パタリと台所への道を閉じる。

「…手は、洗ってくるんだった。」

赤黒い液体で濡れる手を見つめ、小さく呟く。
ドロドロベタベタ、気持ち悪い。
眉を潜め、のそのそと洗面所へと向かう。

早く。一刻も早く。

勢いよく水を出すと、液体が乾き始める手を突き出す。

冷たい。

冬の水道水は冷たく、ひりひりする。
なかなか落ちない液体を、石鹸でゴシゴシと擦りながら、少しずつ落としていく。
洗い終わった頃には、手は真っ赤だった。
洗う前とは、また違った赤。
気味が悪い。
濡れた手をタオルでサッと拭いた。
手が、ひりひりする。

「……いた…痛っ!!」
「てめぇ、何やってんだよ!」

頭を叩かれた。
痛い。

「何って…手を洗ってただけだけど?」
「…台所の、あれはなんだ?」
「うっ……」

見られた。
見られた見られた見られた見られた見られた見られた。

「な…なんでも…な――」
「なんでもないわけねぇだろ!」
「……」

見られた。怒ってる。
どうしようどうしようどうしようどうしようどうしよう。

「来い」
「…やだ」
「いいから、来い」

手を掴まれる。引っ張られる。
やだ、あそこには、もう行きたくない。

「離してよ」
「駄目だ」

振り返らず、奴は答えた。
真っ直ぐに、前だけ見て、前に進んで、答えた。
行きたくない。あそこには、もう。
奴が台所の扉に手をかける。

「待って」
「…何だよ」
「やっぱり、やだ」
「……てめぇの意見なんか聞いてねぇよ」

あぁ、また、見なきゃいけない。
もう、見たくなかったのに。
入りたくなかったのに。
このままにしておけば、よかったのに。
入っちゃ駄目だよ。駄目。
開けちゃ駄目だよ。
やめておきなよ。

僕の心配は虚しく、台所への扉は開かれた。
目を閉じる。
極力、僕は見ないようにすればいいだけだ。
見ないように、此処を出るまで。

「おい、何やってんだよ」
「見たくない」
「見たくない、じゃねぇよ!」
「だって、見たくないもん!」
「いいから、見ろ!」

奴は僕に無理矢理、惨状を見させた。
あぁ、もう見たくなかったのに。
顔を背ける。

「あれは、なんだ?」
「………」
「な、ん、だ?」
「………頑張った結晶」

台所のまな板の上には、僕がさばくはずだった秋刀魚が、首と身体を真っ二つにされた状態で乗っていた。

「あぁ、だから見たくなかったのに」

まな板が、血で濡れていた。

「何が見たくなかった、だ!今日の晩飯どうすんだよ!」
「だって、首と体を二つにした時点で嫌になったんだもん!」
「だもん、じゃねぇよ!」
「可哀相じゃないの!?」

まな板上の秋刀魚を指差す。

「てめぇが食いたいっつったんじゃねぇかよ」
「……そうだけど」
「阿呆か、てめぇは」
「僕がさばくなんて思ってなかったんだもん!」
「俺は魚なんかさばけねぇよ」
「僕だって無理だよ!あんな…あんな…秋刀魚さんをあんな風に…」

自分の肩を抱いて震える。
あぁ、可哀相な秋刀魚さん。

「阿呆か」

冷たい瞳で奴がこっちを見ている。
構うもんか。

「とりあえず、秋刀魚の煮物作るまで出てくんな」
「えぇ!?」
「ちゃんと腸とって、煮物作れよ?」
「ちょっと、僕の話聞いてた!?」
「じゃ、俺はテレビ見てた途中だったから」
「ねぇ!ちょっと!人の話聞いてよ!!」

台所から出ようとする奴の服を掴む。

「……作り終わるまで出てくんじゃねぇぞ?」

ギロリと奴が睨む。
扉が、閉まる。
呆然として立ち竦んでいると、ガタンと大きな音がした。

「え、ちょっと…」

慌てて扉を押すと、何か重い物が向こう側にあるようで、ピクリとも動かなかった。

「…嘘でしょ」

首が切断された秋刀魚と、閉じ込められた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

軽く

移転準備中だぜ
いやっほぉぉぉぉぉう!!(Σ


一応、今んとこ

http://graymoon4.blog.shinobi.jp/

こんななってますorz


ちなみに記事は全然書いてまへん(駄目



未だにHTMLは理解出来ていませんb(チョ

そういえば、ひろたろさんとこのお題とか楽しそうだったから



勢いあまってやっちゃった☆
灰月は嬉しくなるとついやっちゃうんだ☆(テメ

某ハンバーガーショップネタですみません


とりあえず、一行小説で5のお題より

01、駐車場で、うなぎと会いました。

『前略、お母さん

この間、駐車場で、うなぎと会いました。

うなぎは当然のように僕の車に寄りかかり、僕の帰りを待っていて、僕が戻ってきたのに気付くと

「遅ぇよ、バーカ」

ニヤリと笑いながら文句を吐きます。

別に、僕はうなぎのために生きてるわけではないのですが、うなぎのなかでは僕は

「テメェは俺のお抱え運転手、だろ」

だそうです。

当然のように話すうなぎは、馬鹿ではありません。

そういえば、先週の大雨の日なんかは

「悪ぃ、ちょっと待ってろ」

とだけ残して何処かに消えた彼を3時間待ちました。
傘を持っていただけマシでしたが、流石に3時間は身体が応えたらしく、3日間寝込みました。

戻ってきた彼はずぶ濡れになっていて、腕には小さな子猫が抱えられていました。

飼い主が見つからなかったとしょげたうなぎも4日間寝込みました。

何時も振り回されてばかりですが、同室の友人、木藤和(きとうなぎ)とは仲良くやってます。
心配しないで下さい。』

と、こんなところかな。

うんと一つ頷くと持っていたボールペンを離す。

「…何やってんだ?」

「あれ、うなぎ…今日は猫のとこじゃなかったっけ?」

あくまで冷静を装い、書いていた手紙を即座に隠す。
こんなものがバレたら大変だ。

「ん…。いや、まぁ…。」

「…何、どうしたの。」

「……どっか行ったみてぇ。」

「………はぁ!?」

バツの悪そうな苦笑いを浮かべるうなぎ。

「…それで、ノコノコ戻ってきたって言うの?」

「いや、ほら、どうすりゃいいかわかんねぇじゃん」

「……ばーか」

聞こえないように小さく呟く。

「ほら、さっさと探しに行くよ!」

「あ?…お、おぅ。」

「うなぎのくせに、やけに調子悪いんじゃない?」

「うっせ、まぐろは黙れ」

ニヤリと笑って冷やかすと、すぐに何時もの調子に戻る。
これだからうなぎは使いやすい。
クスクスと笑いながら車のキーを取り、駐車場へと向かう。

『毎日が楽しく過ぎていきます
      真黒涼(まくろりょう)』


…いや、なんか意味わかんね(Σ

うなぎが鰻って指定されてなかったもんだから、勝手につい…



てへ☆(キモイ


とりあえず、ひろたろさんにジャンピング土下座しますねb(ヤメロ
あ、土下寝とどっちがいいですかー?(Σ



あぁ、ホント、ごめんなさいorz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

一時間もかけないで書いてしまった…orz

そして、意味がわからないっていう…orz
やっぱり、私に文才はありません。
誰か私に文才ください。

切実に。

今からカラオケに行くんで、ちょっと急いで書いたこともあって、文章がおかしいことこの上ない…はず!


何故なら読み替えしていないからっ!!…orz


ちなみに、パウロと兄さん(ペテロ)は個人的に双子設定。
時間軸なんて気にしません。

駄目人間万歳です。

今度、絵も描いて貼る予定…orz
ちなみに、文才もなければ画才だってありません!!

ご了承くださいorz

そして、ベーコンレタス風味なので気をつけましょう。(ぇ
では、読みたい方のみ下へどうぞノシ

























~pauro視点~

気持ち悪い。
服が肌に張り付いてる感じが堪らなく気持ち悪い。
この、錆付いた臭いも吐き気がする。
なんて気持ち悪いんだろう。
あの死ぬ間際の顔も反吐がでる。

やめろよ
そんな顔しても御前は死ぬ運命なんだから
そんな瞳で俺を見てんじゃねぇよ
やめろ
やめろ
やめろ

呼吸が荒くなる。
こんな事で動機が激しくなるなんて、自分でも馬鹿らしい。


兄さん


たった一人の肉親の顔が脳裏を過る。


「兄さんが待ってる…」


ポツリと呟くと、少し呼吸が楽になった気がする。
人を寄せ付けないように、こんなナリをしておきながら兄に頼るなんて、我ながら成長してない。
兄さんに見捨てられたら、俺はどうなるんだろう。
最近の兄さんは、あの小生意気な餓鬼の話ばっかりだ。


『パウロ、聞いてくれ、イエスがな―――』


そんなの聞きたくない。

やめろよ
俺の前で他の奴の話なんかするなよ
兄さんは俺の味方でいてくれるんだろう?
兄さんだけは、俺の味方
そんな奴のこと、笑顔で喋るなよ

ふつふつと湧き上がるこの黒い気持ちは…嫉妬だろうか。
あんなちっさい餓鬼に嫉妬するなんて、やっぱり成長してない。


一人ぶつぶつ考えていると、何時の間にか家の前だった。


―――この扉を開ければ、兄さんがいる―――


それだけで気持ちが和らいだ。
またあいつの話をしだしたらどうしよう…。
少しなら、感情を抑えられるだろうか。

複雑な気持ちを抱えたまま、扉を開く。


「ん…?あ、あぁ、パウロ…おかえ―――」


戸の開く音で振り返った兄さんは、俺を見て微笑みかけ、そしてとまった。


「それ…また殺ったの…?」


兄さんの顔はみるみる青ざめていく。


それ?あぁ、これか…
服に血ついてるの、忘れてた


「…別に、殺る気はなかったんだけど…しつこいから、つい。」

淡々と喋る。
兄さんの顔は真っ青だ。


そんな顔、するなよ


俺の思っていることが見透かされたのか、それとも俺の顔に表れているのかわからないが、兄さんはハッとして苦笑交じりの微笑を浮かべた。


「また、イエスに叱られるぞ?」


っ…やめろよ…あいつの名前を出すな


「この前だって、イエスにこっ酷く叱られたばっかりじゃないか。」


俺の中のどす黒いものがゆらゆらと動き出す。
やめろ、兄さんは俺を気遣ってくれてるんだ…。
だから…だから…


「あ、そうそう、今日なイエスが晩ご――――」
「兄さんもあいつのほうがいいのかよっ!!」


楽しそうに喋る兄さんの声を遮った。
言ってからハッと我に返る。
でも、もう遅かった。


「どいつもこいつも、イエスイエスイエス…そんなにあの餓鬼がいいのかよ!」
「パ…パウロ…?」
「あんな餓鬼がなんだっていうんだ!何が救世主だ!あの餓鬼一人で何が出来るって言うんだよ!」
「…パウロ、イエスは―――」
「五月蝿い!あいつの名前を出すな!!」


兄さんが困ってる。
兄さんを困らせたかったわけじゃないのに。
止まれ…止まれよ…


「兄さんは俺の味方じゃなかったのかよ!」


懸命に叫ぶ俺は、小さい子が駄々をこねているようだった。
こんな自分に吐き気がする。


「兄さんも俺をおいてあいつのところに行くんだろ?俺たちをおいていったあいつらみたいに…」


視界が歪む。
俺、泣いて…る?
別に、おいていかれて寂しかったわけじゃない。
あんな奴ら、親じゃない。
俺には兄さんがいればいい。


その兄さんも、俺をおいていく?


「勝手にしろよ!あいつがいいんなら、あいつと一緒にいればいいだろ!!俺なんて――――」
「パウロ」


静かに名前を呼ばれ、抱きしめられた。
兄さんの匂い…ほのかに香る薔薇の香り。
それだけで、俺のなかの黒いものが少しずつ沈んでいく。
あぁ、やっぱり兄さんはすごいや…。


「私は、おいていかないよ」


兄さんの言葉が身体に染み渡っていく。


「イエスの話、そんなに嫌だった?」


女みたいに細い身体を抱きしめる。


「兄さんに見捨てられるのかと思って、怖かった」
「馬鹿だな、私がパウロを見捨てるわけないでしょ?」


クスクスと苦笑しながら俺の背中をポンポンと叩く。
安心する…。


「でも…俺、駄目な子だから…」
「パウロは駄目な子じゃないよ。私が保証する。」


スッと身体を離すと、ニッコリと笑いかける。
少し、背伸びしながら俺の頭を撫でた。


「私には、パウロしかいないんだから…ね?」


小さい児に言い聞かせるみたいに微笑み


「さて、落ち着いた?」


ソッと手を離すと、苦笑を浮かべて俺を見つめる。


「…うん、もう大丈夫。ごめん。」
「そっか、よかった。」
「……そだ、あれ、さっきの。」
「へ?…何だっけ?」
「ほら、イエスが――ってやつ。」
「あぁ、そうそう。晩御飯、食べに来るって。」
「…あの餓鬼、図々しいにも程があるだろ。」
「コラコラ、そんなこと言わない。」


子供みたいに嫉妬する俺の頬をクスクス笑いながら突く。

これじゃあ、あの餓鬼と俺、どっちが子供かわからない


「子供だな、俺」


兄さんには聞こえないように小さく呟くと、急に笑いが込み上げてきた。


「…何か言った…って、何笑ってるの」


聞こえないように言ったはずだが、少し聞こえてしまっていたらしい。
台所に向かいかけていた足を止め、振り返った兄さんは、一人笑い出す俺を見て不思議そうに笑った。






こんな駄文をあげてしまって、世界の皆様に謝らないとorz
最近脳内カオスなのでご了承。(ぇ


ちなみに、近々ペテロ視点も書く予定。
ペテロは駄目人間です(Σチョ


では、カラオケ行ってきますノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)